【4年生】トレーニングマッチ

2018-08-19

晴天に恵まれた本日、根本町グランドにてトレーニングマッチを行いました。今回は、笠原SSSさんにお声がけいただき、水戸SSSさん、渡里SSSさん、十王SCさんとの対戦でした。本日のテーマは「第2・第3のポジションを見つけること」としました。また、本日のウォーミングアップでは「GKからのビルドアップ」の改善を意識したトレーニングを行いました。具体的には「パスを使って前に進む(相手ゴールに向かう)ための工夫(判断)」の改善です。様々なチームとの対戦を通して、チームがレベルアップするためのヒントを得ることができた素晴らしい1日となりました。

① VS 水戸SSS B

ベンチも含めた全員がサッカーを楽しもうとして、声を掛け合いながら頑張る好チームという印象。ボールに対する相手のプレッシャーが予想より強くなかったことから、落ち着いてのびのびとプレーできていた。細かい部分では、パスのミス(出し手と受け手の双方)が多かった。積極的にゴールへ向かう意識は見られたが、ボールをもった時の視野がまだまだ狭く、どこにボールを運べば有効かという判断ができていない(改善には時間がかかる)。

② VS 渡里SSS

攻守にアグレッシブな選手を中心とした、ガッツ溢れる好チームという印象。1試合目よりもボールに対する相手のプレッシャーが強かったことから慌ててしまい、パスを有効に使うことができなかった。奪っては無理にドリブルをして相手に引っ掛け、逆襲を受けてピンチになる場面が多く見られた。これは、学年別中央地区予選前の状況と同じである。いつもと違うポジションでプレーさせたことから、当然予想していた現象である。アドバイスにより改善できた選手とそうでない選手が見られたが、そこからポジションの適性を探るヒントとなった。

③ VS 水戸SSS A

個の力があり、全体のバランスも良いアグレッシブなチームという印象。相手の素早いプレッシャーを受け、前半のうちにミスから2失点するという苦しい展開となった。ハーフタイムに確認したところ「このゲームに勝ちたい!」とのこと。昼食後のウォーミングアップで取り組んだ「パスを使って前に進む(相手ゴールに向かう)ための工夫(判断)」のトレーニングを思い出させ、ピッチに送り出した。後半はGKからのビルドアップでの不用意なミスが激減し、パスを使いながら相手ゴールに向かうことができるようになった。まだまだ「ピッチをワイドに使うことの有効性」を実感できていないため、狭い範囲でのプレーとなりチャンスに繋げられない場面が見られた。終了の笛が鳴るまで諦めず、ゴールに向かい続けたことは大変すばらしかった。

④ VS 十王SC

元気なあいさつがしっかりできて、全員が一生懸命頑張る好チームという印象。前半でチームをリードしてくれた選手を外した後半、8人の力を合わせてボールを奪いゴールに向かうことがなかなかできなかった。本日のトレーニングマッチでは「判断」の部分を意識させたが、正しく判断する余裕を持つための「ボールを扱う技術」や「相手に負けないように自分がしっかりプレーする気持ち」の改善も必要であると感じた(改善には時間がかかる)。最後に追いつき、後半を1-1で終えられたことは大変すばらしかった。

本日のゲームも勝敗はつきましたが、現時点では「テーマに照らし合わせて何が得られたか」の方が大切であると考えます。2~3個のポジションができる選手が集まるチームになるまでには、もうしばらく試行錯誤が必要です。育成会の皆様、本日も子ども達のプレーを温かく見守って下さいまして本当にありがとうございました。

 

 

Copyright(c) 2018 荒谷台スポーツ少年団 All Rights Reserved.