【5・6年生】学年別大会(高学年)中央地区予選

2019-05-19

晴天に恵まれた本日、久慈川河川敷グランド(上流)にて、学年別大会(高学年)中央地区予選(A・Bブロック)が行われました。吉田ケ丘SSSさんと吉田SSSさんとのグループの1位のみが県大会に出場できるという状況の中、子ども達はこれまでの練習の成果を発揮し、すばらしいプレーを見せてくれました。今回は、1勝1敗で2位となり、残念ながら県大会に進むことはできませんでしたが、本日の荒谷台SSが見せたプレーは、間違いなく今後につながる素晴らしいものでした!

①目指すサッカーのかたち

第一試合では、相手のプレッシャーがそれほどない状況の中、「子ども達がイメージするサッカー」を表現することができていた。まだまだ改善の余地はあるが、「荒谷台SSはこんなサッカーを目指したい!」というイメージが、見ている人たちにも伝わったのではないかと思う。次のステップアップのためには、プレッシャーの厳しいゲームにおいても、自信をもってトレーニングしてきたことにチャレンジできるようにならなければならない。プレッシャーの無い中でのみ発揮できるスキルは、本当のスキルではない。

②勝敗

第2試合は勝負がかかったゲーム。結果は0-2。ゲームの内容を客観的に分析すると、決して0-2の差があるものではない。むしろ、子ども達の工夫で、相手よりも多くのチャンス演出できていた(負け惜しみではなく、第三者的な視点から)。…では、勝敗を決定づけたプレーは何か?一つはセットプレー(ヘディングと浮き球の処理とルーズボールへの対応)。二つ目はGK(その時プレーしていた選手の批判ではない)。最後はフィニッシュの精度。…この三つはいずれも「トレーニングに割いてきた時間が少ない部分」であった。ビルドアップと守備は上手くなった(トレーニングの成果)が、トレーニングが不足していた部分でミスが目立った。失点の場面は仕方がないとして、「自ら作り出したチャンスを決めきれないことが、勝ち抜けなかった最大の原因である」と分析する。

③育成年代の指導者として目指すサッカーのかたち

今回の大会では予選敗退となったが、勝ち抜くための準備は全力で行った。二つの試合に勝つための準備を入念に行い、当日のゲームにおいてもコーチングでサポートした。勝つために選んだ手段は「これまで積み上げてきたものを出し切ること」、「セットプレー等の細かい部分の意識付け」、「子ども達を信じること」等である。決して「ルール上、イエローカードで罰せられるようなプレーを強要すること」ではない。今回の負けは、これまで経験してきた数々の負けの中でも上位に位置する程の悔しい負けではあるが、「2年後以降の選手の未来にかかわっている育成年代の指導者」として、現時点でできることをしたうえでの負けであったと考える。

繰り返しますが、今回の負けは非常に残念です。しかしながら、今後もリーグ戦や公式戦等において、リベンジを果たし県大会やその先に進む機会が設けられています。再び目標を設定してトレーニングに励み、今度こそより良い結果が得られるように努力していきましょう。目標を達成するための、安易な近道はありません。地道な努力の積み重ねこそが必要です!

育成会の皆様、本日も早朝の準備から子ども達への声援、そして、夕方の片付けまでお世話になり、本当にありがとうございました。次の目標に向けても、変わらぬご支援をよろしくお願いいたします。

Copyright(c) 2019 荒谷台スポーツ少年団 All Rights Reserved.