【5・6年生】中央地区チャンピオンカップとスポーツデポCUP(その2)

2020-01-28

令和2年1月26日、筑西市下館総合運動公園にて「スポーツデポCUP 茨城県大会 1次ラウンド」が行われました。Gグループは、古河SSさん(県西地区)、新荘常磐SSSさん(中央地区)、FCクレセール鹿嶋Jr.さん(県東地区)という、県内各地区の強豪チームが集まった素晴らしい組合せとなりました。

◯ 目標と結果

今大会の目標は「ベスト16以上」。結果は「1次ラウンド敗退」。目標は達成できなかったが、来年度の公式戦につながる貴重な経験を積むことができた。何より、県内他地区の強豪と対戦し、強さを肌で感じられた意義は大きい。そして、この3試合を経て、新たな目標を設定できたこと。ここから3ヶ月間のトレーニングにおけるモチベーションを高めるきっかけを得られた。これまで以上に重要な3ヶ月になる。

◯ 成果

勝敗に関わらず、3試合を通して「ゴールに向かうため、パスやドリブルを使って相手をどう崩すか考えながらプレーする」ことにチャレンジできた。また、「グループ(チーム全体)で協力して相手ボールを奪うための守備」にチャレンジすることもできた。さらに、「このゲームに勝ちたい」という気持ちをチーム全体で共有し、ピッチ内外で積極的に話し合う姿が見られた。ここから「チームとして大きく成長する時期」が始まるような…、そんな大きなきっかけを掴んだ3試合であった。

◯ 課題

パス・コントロール・ドリブルのミスが多く、ボールを相手に奪われてしまう。ボールを奪った後に攻め急いでしまい、攻撃が単調になる。シュートの精度とシュートをする意識が低い。指導者として、よりよいトレーニングを工夫していかなければならない。

1次ラウンド敗退は、大変残念な結果ではあります。しかし、この経験を次につなげなければなりません。これまでも、悔しい敗戦から這い上がり、少しずつ逞しく成長してきました。セレクションという方法ではなく、チーム皆で取り組むトレーニングを通して強化していく過程は、少年団ならではの楽しさです。辛く苦しい我慢の時期は、もしかしたらもうすぐ終わり、大きな飛躍の時がやってくるかもしれません。それを信じて、ここから始まる「重要な3ヶ月」を乗り越えていきましょう!

※1次ラウンドに参加してくれた選手は13人。3試合の中で全員を出場させることができず申し訳ございませんでした。

育成会の皆様、遠方までの送迎を含め、子供たちを温かくサポートしてくださいましてありがとうございました。

Copyright(c) 2020 荒谷台スポーツ少年団 All Rights Reserved.