【6年生】トヨタカローラ杯1日目(タラればの話)

2020-09-21

本日、水戸市根本町グランドにてトヨタカローラ杯の1日目が行われました。本部運営、駐車場の誘導、ピッチの準備等々…。沢山の方々のお力による素晴らしい大会に参加させていただきました。城東SSSさんとFCヴェレン大洗さんとの対戦をとおして、素晴らしいことを学ぶことができた1日となりました。

今回は「タラれば」の話を呟かせていただきます。

〈1試合目〉

前後半をとおして、緊迫した雰囲気の素晴らしいゲームとなりました。前半は不用意な焦りからリズムを崩し、相手にチャンスを与えてしまう場面が多く見られる展開となりました。ミスが絡んだ失点からゲームの進め方が難しくなりましたが、交代したメンバーも含めた全員で最後まで諦めることなくプレーすることができました。このような緊張感の中で展開されるゲームは、なかなか体験したくでもできないものです。子供たちにとって、大変得難い40分間となりました。

〈2試合目〉

厳しいゲーム展開を予想していたとおり、十分に対策を練った相手に対してうまく攻撃の糸口を見つけられない時間帯が続き、カウンターによって失点を重ねてしまうゲーム展開となりました。しかしながら、子供たちは気迫あふれるプレーで最後までゲームの主導権を握り、相手ゴールに向かってチャレンジすることを諦めませんでした。ビルドアップの精度とリズム、楔の精度とポストプレーの力強さ、シンプルにボールを動かしリズムを作ろうとするチャレンジ等々、内容はお世辞を抜きにしても素晴らしいものだったと感じています。しかし!ヴェレンさんの対策の素晴らしさにより、見事なカウンターによって5つのゴールを奪われました。指導者の采配の未熟さが一番の原因ですが、40分間のゲームの中であれほど鋭いカウンターに対応するのは並大抵のことではないと思っています。前日に行われたリーグ戦の結果を踏まえての対策!これこそがHOME & AWAYで行われるリーグ戦の醍醐味そのものです!!前のゲームをしっかりと振り返り、対策としてのトレーニングに取り組み、次のゲームで課題を改善する!!!今回のヴェレンさんがまさにそうでした!!!!

もしも!新型コロナの影響が無くリーグ戦が半分以上中止されていなかったら…!このような痺れるゲームをあと10回もできたではありませんか!新型コロナさえなければ…!中央地区の各チームがどれ程レベルアップできたでしょう!!!

…今日の子供たちの頑張りと、2試合の真剣勝負を通しての成長を見てしまったら…、「タラれば」を言わないではいられない気持ちに誰もがなってしまうと思います。

明日は2位リーグでの3試合に臨みます。1日目に出場機会が少なかった子ども達の活躍の場とするつもりでいます。明日は一体どのようなプレーを見せてくれるでしょうか!楽しみにしつつ、準備を楽しみたいと思います。

育成会の皆様、本日も子供たちの活動を温かく見守ってくださいましてありがとうございました。

Copyright(c) 2020 荒谷台スポーツ少年団 All Rights Reserved.